国際恋愛をしてよかった5つのこと

未分類

 

国際恋愛を人生に一度はやってみたい!って思う人、結構いるんじゃないでしょうか。

ロマンチックな男性が多いイメージ、スタイル抜群でセクシーな女性が多いイメージなど、外国人の方に憧れを抱く日本人は多いですよね。

そんな僕も「人生に一度くらい外国人女性を経験したい!」というちょっとした冒険心から韓国人女性と付き合い始めて、もう3年になります。2年半くらいソウルと東京で遠距離ですが。

人生の経験として付き合ったのに、今ではこの人じゃないとダメって思える存在です。

この記事では、国際恋愛をして本当によかったと思うことを5つにまとめて紹介します! 

 

 

① 男として磨かれる!

日本人女性って外国人男性に憧れる方多いですよね。その背景には、外国人男性に対するロマンチックで紳士、セクシーなイメージがあると思います。実際、留学中にあった外国人男性は、女性をレディーとして丁寧に扱うのがうまいし、雰囲気がセクシーで、カッコよかったです。

もちろん、僕が付き合っている韓国人女性も同じものを求めてきます。荷物を持つ、ドアを開けてあげるといった男性としての基本的な作法や、さりげない上手な褒め方だったり、余裕のあるセクシーな
「I love you」の言い方など…..

外国人女性と付き合ってこそ、「世界水準の男の作法」っていうものが身に付きます!僕の中では、これが一番勉強になりました。

② 語学力、コミュニケーション能力の向上

誰もが予想つくメリットですが、実際ものすごく語学力上がります。ちなみに僕達は、普段英語で会話してます。話す内容は、普通のカップルが話すような日常から政治的な話まで様々です。なのでリスニング力、スピーキング能力は、自然と向上していきます。

あとは、基本的な英単語だけで相手に伝える力もめちゃくちゃ身に付きます。
お互いに英語はネイティブではないので独特な言い回しや難しい単語は通じず、「これ日本語では一言で言えるけど、英語だとなんていうんだろう?」というような壁によくぶつかります。こういうときは、専門的で難しい単語を使うと相手は分からないので、基本的な英単語だけで伝えなければなりません。

こういう能力って本当に重要だと個人的には思います。英語を話すのはイギリス人やアメリカ人だけではないですから。他のアジア人やヨーロッパ人といった非ネイティブと英語で話したときに、お互いが分かる単語できちんと説明できる能力が大変重要だと思います。

③ 知見が広がる/物事の見方に変化が起こる

国際恋愛を通して、新しい文化や価値観に触れる機会が多くなります。特に韓国と日本は、国際関係上色々と課題を抱えていますから政治の話をすると面白いです(お互いがお互いの意見を尊重できる関係じゃないとケンカになりかねないので注意が必要です)。

今まで日本でずっと教育を受けてきて、日本から得てきた情報しか持っていなかった僕にとって、多国籍の人と政治や歴史について話すのは、とても新鮮で衝撃的でした。同時に今まで日本で得た情報や日本のテレビで流れる情報がすべてではないと気付くことができました。情報を鵜呑みにせず、懐疑的に物事を見る力が身についたと同時に、異なる意見に対して寛容に、そして冷静に対応することができるようにもなりました。

④ 周りに自慢できる(笑)

実際、国際恋愛している人って周りにどれくらいいますか?結構少ないんじゃないでしょうか。しかも、比較的外国人から人気な日本人女性ならまだしも、日本人男性となるとより一層少ないように感じます(個人的に日本人男性はあまり人気がないような….)。

僕自身、韓国人女性と付き合ったことが結構噂になりました(笑)。しかも、第3次韓流ブームが到来した頃でしたから、我ら日韓カップルは結構注目の的になりました。

友達に話す話題も増えますし、国際恋愛の日常を少し話すだけで盛り上がりますから交友関係も広がり、楽しくなると思います。何よりも友達の前で英語や韓国語で電話すれば、ドヤ顔できます(笑)。

⑤ 物事をはっきり言う力が身に付く

外国人の方って物事をストレートに言う方多いですよね。僕の彼女もそうです。嫌なことは嫌、好きなことは好きっとキッパリ言える子です。もちろんマナーの範囲内での話ですが、日本人よりもはっきりしているのは、確実です。

最初は圧倒されていたいましたが、彼女との時間が増えるにつれて、自分の意見を瞬時に的確に伝える力を養うことができました。こういう力は、社会人になってから会議や意見交換の場で自分の考えをストレートに発言するのに役立つと思います。

また恋愛においても、ストレートに愛情表現するのが全く恥ずかしくなくなります。
英語だと遠回しな愛情表現は難しくてできないので、毎日「I love you 」と言っています。なので、愛してるや好きっと言うことに対して恥ずかしさが消え、余裕が生まれます。
日本人カップルで毎日「愛してる」って言ってるカップルはあまりいないんじゃないでしょうか。好きなら好きっとはっきり言った方がパートナーも喜ぶと思うので、はっきりと「好き、愛してる」っていうの大事だと思います。

以上、どうだったでしょうか。細かいことを上げたらきりがないので、今回は代表的なもの5つを上げさせていただきました。国際恋愛をしようか迷っているそこのあなた、人生は経験あるのみです。一度きりの人生、多くの人が経験できないことに挑戦してみましょう!

コメント